幼児期からの学習をサポート 

中部高等学院は幼児期から高校生までの学習をサポートします。TEL:052-623-1143

 

事務局 〒458-0034愛知県名古屋市緑区若田3丁目1102-2
桶狭間教室 〒458-0926  名古屋市緑区桶狭間上の山2006 東海土建㈱2階
学院のご案内

学長挨拶

これまでの教員生活や進路指導、生徒の卒業後の進路から総合的に言えるのが小学校までの教育の大切さです。

現在の日本は、不登校・引きこもりで義務教育を受け無くても小中学校は卒業出来ます。文部科学省では義務教育である小中学校の進級基準を「義務教育段階ついては,通常,毎年1学年ずつ自動的に進級することを基本とする。原級留置が行われることはまれである」
つまり、義務教育の進級・卒業に必要最低出席日数・学力の規定は無い訳です

この様な状況で、家庭でも何も 勉強をしない・社会性が身に付いていない子ども達は社会で生きて行けるのでしょうか?

40年間教育者として、その内12年間通信制高校サポート校を運営して来た教員として、これまで義務教育の欠けた生徒の学びを補うことは本当に難しいことでした。

このようなことを踏まえて、【幼児期の学習を楽しむこと】や【小学期に反復して学習すること】をしっかりと身に付けて、中学・高校・大学・社会と羽ばたいて行って頂きたいと思い、中部高等学院に幼児部・小学部を開設致しました。
中部高等学院は塾の概念を越えて、学校の教科書の内容以外にも日本文化の茶道・華道・書道の授業・グローバルな知識教養を高める授業。そして最近注目されております日本語検定にも挑戦します。


私達中部高等学院とお子様の未来への扉を開きましょう。


学長 鈴木 文代

昭和29年生まれ
・中部高等学院 学長
・ふみ美容アカデミー 理事長
・名古屋教育支援センター 理事長
・ラジオパーソナリティ
 「FMおかざき ふ~こ先生の才色兼備」
  毎週月曜日 20:00~20:59 生放送

・教員有資格者
・茶道、華道、書道、着付け 師範

学院長セミナー記録

目標イメージ

 学院長 鈴木文代が、平成25年度前期から中京大学 経営学部(於:中京大学名古屋キャンパス)の学生に同大学の教授からの依頼で「女性経営者の生の声」を届けるべく講演を行いました。
 講演では経営者としての心構え、様々な成功と失敗をもとに得た学院長自身の教訓である「自分自身を知ることの大切さ」について説き、多くの学生がうなづく姿が見られます。

 『失敗は成功のもと』
成功する者は自分自身の人間性・人格をよく理解・把握し、経営者の素質の備わり・欠けている部分を客観的に分析する心構えが必要であることを説き、その上で必要な秘訣として次のものを挙げました。

 ●ビジネスを知ること
 ●チームを支えるリーダーシップを備えること
 ●妥協しない、諦めないこと
 ●リスクを恐れずビジョンを貫くこと
 ●非を認めるが弱気にはならないこと
 
他にも大手百貨店や外資系企業など多くの場でセミナーを行っています。
長期休みには学長の豊富な経験を活かした親子セミナーを行います。